ハイサイ〜エブリィバディ〜♫

いきなりですが…『サ道』というドラマご覧になりましたか?
ネプチューンの原田泰造さん主演のサウナが舞台のドラマ。

AmazonPrimeでも配信されており、筆者もやっと見ることができました。
そんなこんなで、現在サウナが巷で大流行していますね!

筆者もかれこれ5年程前からサウナの魅力に取り憑かれ、毎日でも通いたいぐらいサウナ大・大・大好き人間(通称:サウナー)です。

日本サウナ・スパ協会認定の、サウナ・スパ健康アドバイザーの資格も持っているほどです。

子供の頃はサウナなんて拷問以外の何ものでも無い
と思っていましたが、あるとき先輩に連れられて入ったサウナで一気にその魅力に取り憑かれてしまったのです。

そこは、名古屋にあるウェルビー栄というサウナだったんですが、実はサウナ通(サウナー)からも非常に人気の高い全国的にも有名なサウナであったことを後から知りました。

用事があって内地に戻ると、時間があればサウナに直行してしまいます。最近は宿泊先もホテルではなくもっぱらサウナ、経済的にも安上がりで健康になれるのでまさに一石二鳥です。

が、、、しかし。。。

石垣島には現在、いわゆる銭湯と呼ばれるものは見当たらず、もちろんサウナ専門施設もないんです。泣
(竹富島の港のそばにダイビングスポットの海底温泉はあるのですが..)

どうやら、この島には風呂につかるという習慣が一般的では無いそうで、過去には“銭湯”ができたこともあったのだが長くは続かなかったのだとか。

ですが、サウナで“ととのう”という魅力を知ってしまった自分にとっては、サウナが無いことだけが石垣島生活で残念な点。

しかし、あるとき発見してしまったのです!!

市街地の中心にありアクセス便利なアートホテルにある大浴場『にぃふぁい湯』
こちらは、日帰り入浴が可能で、宿泊者以外でもサウナに入ることができるんです。
(※ANAインターコンチネンタル石垣リゾートグランヴィリオリゾート石垣島など一部のホテルには大浴場にサウナがあるそうですが、宿泊者以外は入れません。)

場所は市街地から車だと数分、自転車でも10分程度の便利な場所にある島のランドマーク的な建物です。もちろん無料の駐車場も完備されています。

こちらの大浴場『にぃふぁい湯』は公式サイトの情報によると、石垣島で一番広い大浴場だそうです。また、地下水を汲み上げ、さらに磨きをかけた超軟水の水を供給しており、お肌にやさしく保湿効果もあるとのこと。

『にいふぁぃゆ』は八重山方言で“ありがとう”の意味。実生活で聞いたことはこれまで一度もありません!

 

アートホテル公式サイト
https://www.art-ishigakijima.com/facilities/bath.php

サウナはMAXで10名ぐらいのこじんまりとしたサイズ感。
サウナ室内は100〜110°が保たれ、水風呂は大体15°〜16°台ですが人が多い時間帯はやや高めになってしまいます。

サウナ室内は観光客がメインですが、島人の常連さんもいて、いろんな話が聞こえてくる不思議な空間になっています。

オンシーズンだと、日焼けで背中が真っ赤っかの明らかにやってしまった感をだしている人も多く見受けられます。笑

気になる日帰り入浴料は大人1,600円、子供800円とやや高めの設定です。

島に移住している方の場合、住所の確認できるものを提示し「島人(しまんちゅ)CLUB」に登録すると1,000円で入ることができます!

あ、最後にこちらの大浴場『にぃふぁい湯』は16:30〜のオープンですのでお気をつけて!

ではでは、是非石垣島で最高の『ととのい』体験を~!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事