ハイサイ〜オジサン〜♫

オリオンビールと泡盛呑んでますか〜〜??

今回は僕も大好きだったお酒のお話。

10代でお酒を覚え、20数年。
お酒は毎日の必需品として共に生きて来ました。

これまで飲まなかった日といえば・・・

体調がお酒も飲めないぐらい最悪だった時、この年のうちたったの数日!!
あとは、インドに旅行しているときに“リシュケシュ”というアルコールが禁止の街に滞在した1週間。

本当にその日以外は、最低でもビール1Lは飲み続けてきました。

1L×365日×22年 (※仮に22年としています)

な、な、なんと約8,000リットル!!

ただこれは1日に1Lの計算なので、おそらくは飲み会やらなんやらでそれよりは多く飲んでいると仮定すると約10,000リットルものアルコールを飲んできた計算になります。

ちなみに、生涯にのめるアルコールの量は男性で500kg、女性で250kgと言われています。

10,000リットルのビールを純アルコール量に換算すると500kg・・・
あらら、完全に一生分は飲んだ計算になりますね。
(だから最近飲んだらすぐに寝てしまうのか!あ、歳か・・・泣)

過去にも“お酒をやめたい”と思ったことがあり、数日間の断酒×数回。

ただし、親もその両親も大酒飲みの家庭に育ったので
家でもお酒がでてくるのは当たり前、飲んでなんぼの感じもありました。

お酒を止めようと思った出来事

サラリーマンをやめて、ある程度自分の管理で動けるようになってからというもの昼間っからお酒に手を出し、何もできずの日が徐々に増え…このままでは人生で何も成し遂げることもできず、お酒に溺れて死んでいってしまう!と本気で思ったからです。

なので、特に健康診断で引っかかったとか、医者から止めるように言われたとかでは無いのですが(実際は健康診断にもいって無いし医者にもかかっていないので数値とかはわからないが・・)

また、そんな生活をしているときに、たまたま覚醒剤や薬物の”依存症”についてのニュースがバンバン流れ、自分はドラッグはやりませんが“依存症”って恐ろしいな〜とか考えながらYoutubeで依存症に関する動画を何気なくみていて、「アルコール依存症」についてもみているうちに、なんだか恐ろしくなったのがきっかけでした。

禁酒については定期的にこちらのブログでお伝えしていきたいと思っています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事